机の上の錠剤

性病ではありません

黄色のカプセル

普段は意識して見ないけれども、朝歯を磨いたりしたときに何気なく鏡をじっと見てみると、唇やその周りに白や黄色、乳白色の小さなぶつぶつが帯状に出来ていた……という経験はありませんか?
多くの人は何だろう、と思う程度ですが、人によっては「性病だ!口唇ヘルペスだ!コンジローマだ!」と大慌てしてしまいます。
ですがまずは慌てず落ち着いて下さい、おそらくそれはフォアダイスと呼ばれる物です。

フォアダイスというのは脂腺と呼ばれる皮下組織が白く目立って見える症状で、基本的には男性の性器の周辺に出来る事が多いものです。
そしてこのフォアダイスというのは性感染症である「尖圭コンジローマ」の症状と非常に見間違いやすく、フォアダイスがある人がコンジローマの症状を調べた際に「自分にもこれある……!」と勘違いしてしまい、一人で大慌てしてしまう事が良くあるのです。

唇に出来るフォアダイスの原因というのはビタミン不足や血流の悪化など、いわゆる生活習慣の悪化が長期間続くことによって発症します。
一度発症してしまうとこのブツブツは取り除くことができませんが、別に害があるものではないので、特に気にする必要はありません。
しかし、フォアダイスが出来るという事は「不摂生な生活を長い間送っていました」という証拠でもあるので、もしも唇やその周りにフォアダイスが出来た際には生活習慣を見直してみるのも良いかもしれません。

ステロイドで治療する

袋の上の薬

フォアダイスが気になるので除去したい、という人は少なからずいます。もしも除去したい場合はステロイドを含む軟膏を塗布して治療する方法がありますが、非常に刺激の強い薬なので、注意するようにしましょう。

Read more

外科手術による除去

カプセルと錠剤

フォアダイスを除去する際によく利用される方法として、レーザーによる除去という物があります。唇や性器のフォアダイスに対してレーザーを当てて除去を行い、短時間かつ痛みも少なく治療することが出来るのです。

Read more

除去する必要性を考える

白い錠剤

フォアダイスというのは皮下組織が目立ったことによって発症する症状です。その為、存在していても害になることはありません。どうしても気になる場合を除いて除去手術を行う必要というのも無いので、手術は慎重に考えましょう。

Read more

コンテンツ一覧

薬を持っている女性

「唇のフォアダイス、原因はビタミン不足や血流悪化!」のコンテンツ一覧です。

Read more